トップページ

2017
05/25 [木]

NY・東京市場今後の相場展望

05月25日

売買代金盛り上がらず薄商い

東京株式市場では、このところ売買代金が2兆円程度で低迷しており盛り上がりえお欠いている。トランプ政権に対する不安などが原因と見られるが、薄商いのもみ合い状態だ。

相場は活気を取り戻せず

薄商いの相場の時には、わずかな材料や一部銘柄への買いで平均株価が上昇することもある。しかし、全体の買いエネルギーが盛り上がらない限り、相場は活気を取り戻せない。

英国のテロ影響長引くか

また、英国のマンチェスターで起きたテロの影響も長引く可能性が出て来た。欧州だけでなく米国内などでも、テロに対する厳戒体制が取られだしたからだ。

今日の目先診断

TAC  株価】前日比37円安の338円。中間決算で営業利益14億9000万円と前年比3倍近い内容が発表されたことで昨日は棒上げ。大幅なコストカットが奏功した。収益構造が様変わりしたと考えれば、株価上昇にも弾みがつきそう。目先は2010年4月の549円が上値めど。2006年には1447円という水準もある。中長期的には4ケタも十分あり得る。

大東紡織  株価

 2円安の81円。ゆるやかに上昇しているが、中国の大気汚染物質「PM2.5」を材料にマスクの販売が伸びている。PBRは0.56倍だ。

(13年11月01日 11:06)

フジッコ  株価】23円安の1227円。28日に発表した決算によると、2014年3月期、4~9月の連結経常利益は前年同期比9.6%減の15.6億円。PBRは0.72倍だ。
(13年10月31日 09:32)
急募

ッストップ高銘柄

01月19日

1711 省電舎(株価

3370 フジタコーポレーション(株価

3441 山王(株価

3802 エコミック(株価

4644 イマジニア(株価

ストップ安銘柄

01月19日


-----
 
 
 

高値更新銘柄

01月19日

1722 ミサワホーム(株価

1773 YTL(株価

2049 NEXT NOTES S&P500 VIX インバースETN(株価

2178 トライステージ(株価

2185 シイエム・シイ(株価

2344 平安レイサービス(株価

2468 フュートレック(株価

2907 あじかん(株価

3139 ラクト・ジャパン(株価

3318 メガネスーパー(株価

3415 TOKYO BASE(株価

3436 SUMCO(株価

3441 山王(株価

3551 ダイニック(株価

3648 AGS(株価

3750 セブンシーズホールディングス(株価

3802 エコミック(株価

4063 信越化学工業(株価

4182 三菱ガス化学(株価

4205 日本ゼオン(株価

4334 ユークス(株価

4718 早稲田アカデミー(株価

4732 ユー・エス・エス(株価

4975 JCU(株価

5142 アキレス(株価

5288 アジアパイルホールディングス(株価

5423 東京製鐵(株価

5801 古河電気工業(株価

5819 カナレ電気(株価

5911 横河ブリッジホールディングス(株価

6044 三機サービス(株価

6048 デザインワン・ジャパン(株価

6050 イー・ガーディアン(株価

6076 アメイズ(株価

6098 リクルートホールディングス(株価

6200 インソース(株価

6240 ヤマシンフィルタ(株価

6256 ニューフレアテクノロジー(株価

6264 マルマエ(株価

6300 アピックヤマダ(株価

6309 巴工業(株価

6337 テセック(株価

6504 富士電機(株価

6506 安川電機(株価

6618 大泉製作所(株価

6668 アドテック プラズマ テクノロジー(株価

6856 堀場製作所(株価

6904 原田工業(株価

6941 山一電機(株価

6954 ファナック(株価

6985 ユーシン(株価

7202 いすゞ自動車(株価

7269 スズキ(株価

7508 G−7ホールディングス(株価

9104 商船三井(株価

9601 松竹(株価

9729 トーカイ(株価

9769 学究社(株価

9856 ケーユーホールディングス(株価

9902 日伝(株価

安値更新銘柄

01月19日

2035 NEXT NOTES 日経平均VI先物指数 ETN(株価

2931 ユーグレナ(株価

3970 イノベーション(株価

4585 UMNファーマ(株価

6082 ライドオン・エクスプレス(株価

8205 シャクリー・グローバル・グループ(株価

材料株に目先筋飛びつく今こそ
低PER株をじっくり狙え

25日の東京株式市場は小動き。9時42分現在の平均株価は前日比1円12銭高の1万9744円10銭。一時、前日比5円安の水準まで下げたが、前日終値を小幅に上回って推移している。為替市場では円が強含んでおり、自動車関連をはじめとして輸出株は売りが先行。ホンダ【株価】(7267)は前日比40円安の3095円。トヨタ自動車【株価】(7203)も同34円安の5967円と冴えない。原油相場上昇一服を受け、国際石油開発帝石【株価】(1605)など石油関連の一角も安い。

「東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)は164.60まで上昇している。一般的に、120を越えると買われすぎと言われる水準だ。これはトランプラリーで上昇した昨年12月中旬以来。相場に過熱感はないものの、更に上値を追うには材料が不足していることもあって、小休止する局面にあるのかもしれない」(証券アナリスト)

ややこう着感が強まっている中、成長期待の大きな銘柄や新たな材料が出た銘柄に、目先筋が飛びついている。ソフトバンクG【株価】(9984)は前日比111円高の8623円とまずます。同社は10兆円ファンドを通じて米国の半導体企業であるエヌビディアの株式取得が報じられて材料視されている。他には自社株買いを発表したアイシン精機【株価】(7259)も高い。株価は同250円高の5760円で4.5%の上昇だ。同社は子会社を通じてiPS細胞を作製し、創薬スクリーニングなどに使うことを許諾する契約を結んだと発表し材料視されている。新興市場の小型株も同様だ。マザーズ上場のバーチャレクス・コンサルティング【株価】(6193)は前日比11円高の779円。昨日引け後にコールセンター向けターゲットデータ抽出サービスの提供を開始したと発表。今後の業績貢献を期待する買いが集まっている。アイロムG【株価】(2372)は大幅高。株価は前日比194円高の1600円。13.8%の上昇となっている。

目先材料視があれば何でも飛びつくような投機的な様相も見せる東京市場だが、よく見てみると長期保有妙味十分の出遅れ株も見つかる。東証1部に上場しているシステムコンサル会社のフューチャー【株価】(4722)だ。株価は前日比3円高の884円。単元は100株なので、最低投資金額は10万円以下。PERは14.4倍だ。2017年12月期は増収増益予想で2015年12月期の過去最高決算に肉薄する。配当も連続増益を継続しており今期は前期から1円増の26円とする方針。配当利回りは2.94%と高水準にある。

(株主手帳 / 上田智一)

目先

目先

25日の日経平均は1万9737円、前日比5円安で寄り付き。前日の終値1万9742円近辺でもみ合っているが、概ねじり安の流れだ。

 

前日の米国市場は堅調だったが、同日に公開された5月のFOMC議事録から、米国は利上げを急がないとの見方が出て、長期金利が低下。為替が円高に振れた。今日の日本市場は円高から動きが鈍くなりそう。

 

リズム時計工業【株価】が急騰し、241円で年初来高値を更新した。発行済み株式の7・5%に相当する700万株の自社株買いが材料。手掛かり難の相場で買いを集めている。

(17年05月25日 10:19)
今日の注目銘柄

記者の視点

日本軽金属ホールディングス【株価】/257円(-2)

【年初来高値】291円【年初来安値】228円

割安感強い。証券アナリストは「5日、75日の移動平均線を割り、一目均衡表の雲の中に入ってきている。25日の移動平均が上がり基調だが、もうしばらくかかる」と話すが、PER8.84倍、PBR1.00倍。非鉄金属系の銘柄の中で配当利回り3.11%は高めだ。素材メーカーとして外部環境の変化に打ち克つことを目指している同社の今後に期待したい。

(全国賃貸住宅新聞社 土田絵理)

(17年05月25日 10:31)

記者の視点

第一生命ホールディングス【株価】<8750> 1818.0円(-23.0円)

【年初来高値】2348.5円 【年初来安値】1760.5円

底値圏に入ってきた。本日は寄り付きから反落。△23.0円の1818.0円をつけている。マイナス金利で利ザヤが出にくいことから売られてきていたが「売られすぎている印象が強い。マイナス金利の影響で騒がれていた割には、業績も悪いとは言えない。1800円前後で買いを入れたい」(証券アナリスト)慌てずに腰をすえて拾うのが無難だろう。

(全国賃貸住宅新聞社 加藤美緒理)

(17年05月25日 10:26)

記者の視点

三菱電機 【株価】〈6503〉1565.0円(+0.5円)

【年初来高値】1802.0円 【年初来安値】1462.0円

株価を下げてきている。円安を追い風に、本日は寄り付きから反発。底入れ感が強い。「25日の移動平均線まで届いてきた。1500円を割り込むことを織り込んで買うならいいだろう」(証券アナリスト)

(全国賃貸住宅新聞 加藤美緒理)

(17年05月24日 12:35)

記者の視点

ツムラ"【株価】4145円(17/5/18)

【年初来高値】4145円(17/5/18)【年初来安値】3110円(17/2/18)

長期保有の材料が豊富。 23日に株主優待制度新設を発表した。 9月30日時点で100株以上を3年以上保有する株主を対象に 自社の入浴剤を送るほか、同社の漢方記念館に招待する。 医療用漢方の需要の拡大に伴い、安定した成長を見せており 株価もそれに連動している。

(高齢者住宅新聞 吉木ちひろ)

(17年05月24日 12:12)

記者の視点

パソナグループ【株価】<2168>983円(+9円)

【年初来高値】991円 【年初来安値】745円

寄り付きで年初来高値を更新。米国におけるGoogleの「Google For Jobs」に関するリリースやAmazonの大規模採用などが影響したと見られる。2017年5月期決算では前年度を上回る最高売上・最高益を見込んでおり期待も高まるが、1ヵ月で100円以上と株価の上げ足が速いため、短期では売りが出やすい状況か。

(高齢者住宅新聞社 坂本志保)

(17年05月24日 11:58)

記者の視点

みずほフィナンシャルグループ【株価】/198.1円(+1)

【年初来高値】217円【年初来安値】187円

出遅れ株を拾いたい。PER9.14倍、PBR0.59倍で割安にも関わらず、いまだ200円を下回っている。「目標はまず210円。今年に入って、210円前後の揉み合いが3月末まであった。この揉み合いを抜ければ、225円への挑戦となる」(証券アナリスト)

(全国賃貸住宅新聞社 土田絵理)

(17年05月24日 10:07)

記者の視点

三井物産【株価】〈8031〉1503.0円(−4.5円)

【年初来高値】1753.0円 【年初来安値】1476.5円

底入れ感が強まってきた。資源価格が軟調だったことを背景に売られていたが、原油なども回復してきた。本日は寄り付きから続落しているものの、資源価格の回復とともに株価も自立反発が見込めるだろう。「売られすぎている印象がある。利回りも4%近くあることを見れば、今買ってみてもいいだろう」(証券アナリスト)

(全国賃貸住宅新聞社 加藤美緒理)

(17年05月23日 14:29)

記者の視点

ピーエス三菱【株価】/〈1871〉471円(+6円)

【年初来高値】471円【年初来安値】373円

年初来高値を更新。インフラ更新工事が順調。東京五輪に向け需要は旺盛だ。PERは9%台と割安感強い上、最低取得価額が4万円台と買いやすい点も魅力。

(全国賃貸住宅新聞社 有馬圭吾)

(17年05月23日 12:18)

記者の視点

アイ・オー・データ機器【株価】<6916>1333円(+31円)

【年初来高値】1353円 【年初来安値】993円

寄り付きから反落。2017年6月期通期決算の上方修正が好感されて昨日年初来高値を更新したが、PER10倍、PBR0.75倍と割安圏内であることに注目したい。訪日旅行者は過去最速で1000万人を突破している。短期では夏季旅行の外国人観光客、長期では東京オリンピックを見越して、日本では未だ不十分なフリーWi-Fiの普及に期待して買いを一考。

(高齢者住宅新聞社 坂本志保)

(17年05月23日 11:34)

記者の視点

日本たばこ産業【株価】4,169円(+55円)

【年初来高値】4177円 【年初来安値】3,607円

続伸で年初来高値を更新。23日に同社が6月末から加熱式たばこ『プルーム・テック』の販売で都内に進出すると報じられ、買いが入っている。火を使わない加熱式たばこの販売による業績の寄与に期待したい。

(17年05月23日 11:06)

記者の視点

KNT-CT【株価】/142円(-1)

【年初来高値】153円【年初来安値】128円

昨日買いサインのゴールデンクロスだった。同社は近鉄系の旅行業界大手。今年株価は旅行需要の高まるゴールデンウィーク前から上昇し、利益確定売りが一巡した。夏から秋にかけてのハイシーズンへも期待が高まる。「目指すなら、とりあえずは150円」(証券アナリスト)

(全国賃貸住宅新聞社 土田絵理)

(17年05月23日 10:53)

記者の視点

リミックスポイント現在株価】373円(+58円)

【年初来高値】395円【年初来安値】144円

大幅高で6日続伸。確約航空会社のピーチアビエーションが22日の大引け後、リミックスポイントの子会社のビットポイントジャパンと提携。ビットコインを利用した直接決済サービスを17年12月末までに導入すると発表した。直接決済サービスの導入は同社が初めての試み。「ブレイクアウトしてきているので、引け値394円以上で、目標株価は500円だ」(証券アナリスト)

(全国賃貸住宅新聞社 岡田寛子)

(17年05月23日 10:50)

記者の視点

タカタ【株価】<7312>456円(+61円)

【年初来高値】1233円 【年初来安値】365円

タカタ製の欠陥エアバッグに絡む米国での訴訟に関する自動車メーカー4社との和解により大幅反発。未だ合意していない日産・ホンダの動きに注目だ。「明日、本日の高値を超えてくるようであれば520円を目指すだろう。日産・ホンダの合意があれば、800円辺りまで上がるのでは」(証券アナリスト)

(高齢者住宅新聞社 坂本志保)

(17年05月19日 10:23)
アナリストの見解

アナリストの見解

5月の日経市場は上にも下にも行きづらい展開となろう。日経平均は2万円を超えることは難しいだろうが、下げ渋りもして、1万9000円プラスマイナス500円前後で推移するとみられる。

 

日本企業の決算は好調で、決算発表がピークを迎える上旬までは底堅く推移しそうだが、その後の動きが読みにくい。米国が6月に利上げを行うとの観測があるが、株式市場がこの利上げを織り込んでいるかどうかは微妙なところ。トランプ大統領の経済政策に疑問を投げかける見方も根強く、波乱を呼ぶ可能性もある。

(アルゴナビス代表取締役・フィナンシャルコンシェルジュ 清水洋介氏)

(17年04月28日 12:30)
個人投資家向けセミナー情報

IRホットライン
Olympicグループ
(証券コード:8289)

改装でコンセプトを明確化

増収大幅増益を達成

 

食品スーパー、大型ホームセンターを展開するOlympicグループは、7月10日に2015年2月期第1四半期決算を発表。横浜・港北ニュータウン店や東京・村山店などの改装などの効果で増収、利益面では経営資源の有効活用・コスト削減などが奏功し、経常利益は前年同期比261.5%増など大幅増益を達成した。

(14年07月10日 10:51)
サマンサタバサジャパンリミテッド
(証券コード:7829)

業績好調で通期予想を上方修正

前回予想から大幅増益

 マザーズ上場のサマンサタバサジャパンリミテッドは、7月9日に2015年2月期通期業績予想を上方修正した。新規・既存店店舗売上が堅調に推移。増税前の駆け込み需要もあり、想定を上回る見通しとなった。 これを受けて、翌10日の同社株価は年初来高値を更新し、ストップ高となっている。

(14年07月10日 10:22)
全国賃貸住宅新聞 日本経済新聞 夕刊にて広告掲載 !!
全国賃貸住宅新聞
株式投資フェア
全国賃貸住宅新聞
日本経済新聞 夕刊にて広告掲載 !!
全国賃貸住宅新聞
  • 一発当てる!!穴株情報
  • 決算発表レポート
  • 特集
  • 新興市場の注目株
  • 配当・株主優待のお楽しみ銘柄
イベントナビ
ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

亀岡大郎取材班グループ

全国賃貸住宅新聞
家主と管理会社から
圧倒的支持を得ている
賃貸住宅業界の羅針盤
家主と地主
土地資産家向け
本格的経営情報誌
ブライダル産業新聞
日本の未来を担う
結婚産業の独占情報紙
リフォーム産業新聞
日本経済、社会を変える
リフォーム経営の専門紙
高齢者住宅新聞
有料老人ホーム・高専賃・
特養・老健事業者のための
経営情報紙
週刊ビル経営
全国50万人
ビルオーナーのための
経営情報紙
月刊エルダリープレス
マンション管理新聞
リサイクル通信
工務店新聞
国際ホテル旅館
ビジネスチャンス
日本ネット経済新聞
日本流通産業新聞
ネットワークビジネス
株主手帳
不動産ソリューションBOOK
国際イベントニュース
最新ニュースをお届け

最新情報の配信を希望する方は
メールアドレスを登録してください。

例:kabu@kabutokkyu.com
(すべて半角英数字)

株価検索

銘柄やコードを入力し
検索ボタンを押して下さい。